『首を振って周りを確認するクセをつける意外な方法は?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
『視野の広い選手になるには!?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
『攻めの時に最初に狙うのはどこ?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
『守りの時に最初に絞る(守る)のはどこ?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
『状況判断力を身につけるにはドリブル、パス、シュートの練習を一緒にやる?それとも別々にやる?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
『状況を変えるには?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス まとめ
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス まとめ

以前、『小学2年生までにやっておくと将来が楽しみな5つのこと』 5.「サッカー」サッカーを知るで紹介しましたが、下記のことを知り、理解し、日々のミニゲームや練習試合の場面場面で、より良い選択肢を選べるようになります。(1) それぞれの場面で、様々な選択肢があることを知る(2) 味方を使うことを知る(3) それらの選択肢の中で一番ゴールの可能性の高い選択肢を選ぶ(4) ボールを持っていない時(オフ・ザ・ボール)の自分の動...
『動きながら練習法の効果とは?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
『焦らないで落ち着いてプレーするコツは?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス8  『浮き球と低い足元へのパスはどっちがいい?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス8 『浮き球と低い足元へのパスはどっちがいい?』

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス8『浮き球と低い足元へのパスはどっちがいい?』よく大きく前にボールを蹴ってしまったり、浮き球で相手選手の頭を超すパスを出すことがあります。しかし、浮き球のパスを受ける側は、1. トラップがやりづらい2. 自分のボールにするまでに時間が掛かる(足元にボールをおさめるまでに時間が掛る)3. 奪われる可能性が高いなどのリスクが高いのです。リスクの高い「浮き球」は「第...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス7  『スライディングは最終手段』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス7 『スライディングは最終手段』

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス7『スライディングは最終手段』試合中にすぐにスライディングをしてボールを取りに行く子供をよく見かけます。その子の練習を見ると、練習でもすぐにスライディングをします。スライディングは悪いことではありません。自陣ゴール前で、失点してしまいそうな決定的な場面で、スライディングをしてゴールを守った。相手ゴール前で、センタリングが上がったが、ギリギリ届くか届かない...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス6 『パスなんかしないで全部自分でやりなさい!』 それでいいのでしょうか?
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス6 『パスなんかしないで全部自分でやりなさい!』 それでいいのでしょうか?

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス6『パスなんかしないで全部自分でやりなさい!』 それでいいのでしょうか?「パスなんかしないで全部自分でやりなさい!」と言っているお父さん、お母さんをよく見かけます。小学2年生まではそれでもいいと思います。なぜなら、この時期にドリブルをたくさん練習しておくことで、足元の技術が向上するのと、自分で状況を打開するクセを付けられるからです。しかし、小学3年生、高学年...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス5 『無理やり突破するのがいいのか、やり直すのがいいのか?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス5 『無理やり突破するのがいいのか、やり直すのがいいのか?』

状況判断力 「選択肢」ワンポイントアドバイス5『無理やり突破するのがいいのか、やり直すのがいいのか?』前を向いてドリブルしようとしたら、相手3人に囲まれて、行先を阻まれた。あなたも、君も、そんな経験をしたことが1度はあるのではないでしょうか。そんな時、あなたは、君は、どんな選択肢を選びましたか?無理やり突破すれば、運よく3人を抜けるかもしれない。それが相手ゴール前なら、ゴールできるかもしれません。しか...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス4 『敵が強くても弱くても、常にチームでゴールを決める確率の高い選択肢を選ぶ』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス4 『敵が強くても弱くても、常にチームでゴールを決める確率の高い選択肢を選ぶ』

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス4『敵が強くても弱くても、常にチームでゴールを決める確率の高い選択肢を選ぶ』「明日の、今日の試合の相手は強いの?弱いの?」という言葉をよく耳にします。相手が強いのか、弱いのか、前もって情報を手に入れることは非常に大切なことです。しかし、それよりも大切なことがあります。それは、「敵が強くても弱くても、常にチームでゴールを決める確率の高い選択肢を選ぶ」ことで...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス3 「目でフェイント!?」
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス3 「目でフェイント!?」

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス3「目でフェイント!?」右サイドから、君がドリブルで掛け上がった!相手ディフェンダーが視線に入る、そしてゴールキーパーも視線に入り、それを感じたゴールキーパーはゴール右側に寄り、シュートを警戒する。君はそのままドリブルで直進し、ゴール右隅にシュート!しかし、読んでいたゴールキーパーに弾かれ、防がれてしまった。さて、この場面、「目でフェイント」を掛けていた...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス2  『体勢の悪い自分が無理やり決める?それとも体勢のいい味方に決めてもらう?』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス2 『体勢の悪い自分が無理やり決める?それとも体勢のいい味方に決めてもらう?』

状況判断力「選択肢」ワンポイントアドバイス2『体勢の悪い自分が無理やり決める?それとも体勢のいい味方に決めてもらう?』自分がゴールを決めたい!周りが見えていない体勢が悪くても決められると思っているなど、理由は様々ですが、ゴールにつながる可能性は低いですね。もちろん強いフィジカルがあれば、それでもゴールが決められるかもしれません。しかし、それが通用するのは中学生か高校生まで。それまで、そのサッカーを...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス1  『何点入れたかよりも何点に関わったかに重点を置こう!』
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス1  『何点入れたかよりも何点に関わったかに重点を置こう!』

状況判断力「選択肢」ワンポイントアドバイス1『何点入れたかよりも何点に関わったかに重点を置こう!』自分が得点を決めたいという気持ちはとても大切です。しかし、1人でゴールするより、チームメイトみんなでゴールを目指した方が、得点につながる可能性は非常に高いです。子供が、親御さんが、「今日はOO点決める!」という目標を決めているなら、「今日はOO点に関わる!」に変えてみてください。そして、子供には、「自分で得...
状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス
go to page

詳しくはここをクリック!

read more

状況判断力 「選択肢」 ワンポイントアドバイス

『小学2年生までにやっておくと将来が楽しみな5つのこと』 5.「サッカー」サッカーを知るで紹介しましたが、下記のことを知り、理解し、日々のミニゲームや練習試合の場面場面で、より良い選択肢を選べるようになります。(1) それぞれの場面で、様々な選択肢があることを知る(2) 味方を使うことを知る(3) それらの選択肢の中で一番ゴールの可能性の高い選択肢を選ぶ(4) ボールを持っていない時(オフ・ザ・ボール)の自分の動きがど...