早稲田ユナイテッド 川崎アカデミー

早稲田ユナイテッド 川崎アカデミー

stockfoto_14311985_S_convert_20151112150855.jpg


『プレミアム指導法』 ~ 「考えるサッカー」をするには?
「教えるサッカー」から「引き出すサッカー」へ


プレミアム指導法は会員限定に提供している独自のコーチング(Coaching)技術を駆使した指導法です。


今回は、そのプレミアム指導法を少しだけ皆さんにもご紹介します。


このコーチング(Coaching)技術は、ビジネス、人生設計、教育などの世界で幅広く使われています。


しかし、日本サッカーの指導の世界ではあまり使われて来なかったのが現実です。


日本の教育、社会は決められたこと、言われたこと、答えを教えてもらって、指示されたことをしっかり行うのが当たり前になっていたため、子供たちは、自分で考えて行動することがうまくできません。


なので、すぐに答えを知りたがります。答えを教えてくれれば、その通りに上手くやれます。


しかし、答えが無いと思考が停止し、考えることができなくなるのです。


日本人は答えが1つのものは得意だが、決まった答えがなかったり、答えが複数あるようなものは苦手なのです。


日本サッカーの指導の場でも同じことが言えます。


コーチの言う通りに練習をこなす。
練習メニューはしっかりと行う。
練習量は世界一
足元の技術も世界一

...でも、


日本サッカーのレベルはなかなかヨーロッパや南米のレベルに追いつくことができません。



なぜでしょうか?



それは、



「考えるサッカー」



をやっていないからです。



では、「考えるサッカー」はどうやってやればいいのでしょうか?



それは、常に試合と同じ状況を想定して、場面場面で、正しいタイミングで、正しい選択ができるように、子供に「考えさせる」ことです。


「考えさせる」ので、当然「答え」を最初から教えることはありません。



例えば、あるプレーの中で、子供のプレーに対して、具体的に、その状況を下記のように確認します。

その状況がどうだったかを聴くことで、子供がどれくらいその状況を理解しているか知ることができます。





ある目的に対して(Purpose)   :例えば、ゴールにシュートをする

どこで、どの方向に?(Where)  :右サイドに

誰に?(To whom) :駆け上がった右サイドバックに

どのタイミングで?(When)    :右サイドバックが自分の横を通り過ぎた瞬間に

どのように?(How)       :右側の敵を右手で抑えながら、左足で

何をしたか?(What)   :インサイドでパスをした

それがどうだったか?(Result) :相手選手にインターセプトされた





そして、子供が状況を理解できたら、最後に「質問」をします。



「どうしたら、相手選手にボールをインターセプトされずに、ゴールにシュートすることができたかな?」



というプレー全体の大枠の「質問」から始めます。


ただ、この質問で全てを答えることは、子供にはとても難しいことです。

なぜなら、全ての、様々な状況が含まれているからです。




子供に「質問」をして、引き出そう、考えさせようと、努力している指導者の方もたくさんいます。


しかし、子供はピンポイントで、具体的にイメージして、振り返れるような「質問」でないと、考えることが難しくなるのです。



子供に「質問」したが、「キョトン」としていることありませんか?




なぜ、子供は「キョトン」としているのでしょうか?




ここから、独自のコーチング(Coaching)技術を使っていきます。


『プレミアム指導法』は、ここが最も重要なポイントです。


独自のコーチング(Coaching)技術を使うことで、




子供の「キョトン」を理解し、

より的確な「質問」をなげかけることで、

子供に「考えるサッカー」が身につきます。






この時に注意する点は、「なぜ?何で?(Why)」の質問はできるだけ少なくすることです。

子供は、「何で?」と聞かれると、悪いことをしてしまったのではないか、という精神状態になります。それでは、次のプレー、良いプレーを考える意欲をつぶしてしまいます。



「どうしたら、次は上手くできるかな?」という前向きに「考えさせる」ような「質問」をすることが大切です。





独自のコーチング(Coaching)技術を駆使した『プレミアム指導法』は如何でしたか?




子供の「キョトン」を理解し、

より的確な「質問」をなげかける技術を身につけて、

子供に「考えるサッカー」をさせてあげましょう!






これにより、子供の「変化」と「成長」を実感してみませんか?


下記の中から月に1つのテーマに絞って不定期ですが、エアサカプレミアム会員だけに記事をアップして参ります。お楽しみに!


ボールキープ

ドリブル

1対1(相手を抜く)

ディフェンス

ポジショニング

サポート

カバーリング

マーキング

コントロール




ご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。


waseda36.jpg







早稲田ユナイテッド川崎アカデミー



文武両道でプロを目指したい人はこちら↓↓↓

早稲田ユナイテッド プロ育成クラスセレクション U-12, U-15, U-18, U-22



会員の方ならどなたでも申し込みできるものをたくさんご用意しています。是非お申し込み・お問い合わせください。
まだ会員でない方も、ご気軽にお問い合わせください。

waseda36.jpg




さらに会員になるとJリーグチームや海外挑戦など可能性が一気に広がります!

【社会人】

Be the difference

・ 意外と知らない?? 知っておくべきJリーガーの契約の話

・ シーズン終盤の舞台裏、契約更改 Jリーガーの推定平均年棒、所属人数の分析

・ “あの時に選んだ環境”で人生が変わる 一生懸命頑張っても埋まらない差を作らないために

・ 陸上オリンピック育成選手(大岩 雄飛) 社員選手採用のお知らせ

・ アスリートキャリア


【トップ・大学生】

waseda24.jpg

・ 1/27(土)FC琉球・早稲田フットボールグループ合同セレクション開催

・ 早稲田ユナイテッドとFC琉球、包括的業務提携のお知らせ

・ 早稲田ユナイテッドと久蹴会 久我山FC、クラブ間提携のお知らせ

・ 早稲田ユナイテッド 選手セレクション トップ・U-22・U-18・U-15・U-12

・ ビーチサッカー関東リーグクラブ ・ サッカージュニアユースクラブとの文武両道育成連携

【高校生】

waseda45.jpg

・ 早稲田ユナイテッドU-18 募集要項 〜海外挑戦も国内挑戦も真剣に向き合えるクラブ

【小・中学生】

waseda6.jpg

・ 早稲田ユナイテッド × 相生学院高等学校 通信制高校 スポーツコース

・ 早稲田ユナイテッドU-15・CSA-TOC U-15合同セレクション

・ 「海外挑戦」を視野に入れた選手育成クラス


【文武両道】

waseda40.jpg

・ 文武両道に特化した小学校受験対策アカデミー 「小学校受験 WISE」


waseda36.jpg




きみの、親御様のご入会を、心よりお待ちしております。


早稲田ユナイテッド川崎アカデミー
関連記事