早稲田ユナイテッド 川崎アカデミー

早稲田ユナイテッド 川崎アカデミー

waseda38.jpg

<早稲田ユナイテッド川崎U-15、U-12、U-10 チーム生募集&合同練習会開催のお知らせ>

早稲田ユナイテッド川崎U-15、U-12、U-10 チーム立ち上げに向けて、2020年3月より本格的に合同練習会の開催を開始しています。

【概要】
・ U-15は2021年4月、U-12, U-10は2022年4月にチーム活動を開始予定です。
・ それに向け先行して、早稲田ユナイテッド川崎U-15、U-12、U-10チーム生を募集中です。
・ チーム生申込は先着順にセレクションを実施し、定員枠が少なく、限りがあるため、早めにお申込みされることをお勧めします。
・ セレクション合格後は、チーム活動開始までは、合同練習会にご都合の良い時に都度参加していただく形になります。
・ チーム活動開始まで月謝は一切掛からず、都度参加費用のみとなります。
・ 合同練習会にご参加頂き、本当にこのチームでいいのか、是非、見極めた上でチーム入会をご判断ください。
・ チーム活動開始後は週4~5日の活動で、月謝が掛かるようになりますが、下記のような特典がございます。
・ 早稲田ユナイテッド川崎アカデミー育成方針はこちら

【早稲田ユナイテッド川崎U-15、U-12、U-10 チーム生特典】
1. チーム育成の最重要メソッドである「サッカー原理原則メソッドマスタークラス」「重心移動マスタークラス」が全て無料で受講可能!
2. 小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、プロ、それぞれの年代での活躍を目指した進路相談が受けられます!
3. 文武両道有名校への推薦相談も受けられます!(詳しくはこちら: U12, U15関東トレセン
4. スクール会員になるとチーム生の月謝が割引(最大50%)になります!スクール生からチーム入会が断然お得!
(詳しくは別途ご連絡させていただきます。)
5. U-10は早稲田U-10育成リーグに参加できます!

⭐早稲田ユナイテッド川崎アカデミー入会のメリットはこちら



5. 様々なイベントにも参加できます!



【こんな方におススメ!】
・ ジュニアチーム探しでお悩みの方
・ ジュニアユースチーム探しでお悩みの方
・ 現所属チームの育成方針、指導方針にお悩みの方
・ 現所属ジュニアチームにジュニアユースチームが無い方
・ 現所属ジュニアチームで試合が少ない、出場機会が少ないなどでお悩みの方
・ チームでの勝利も大切だが、お子様の成長・上達を第一にお考えの方
・ 強豪クラブやJ下部組織のU12ジュニアチームからジュニアユースへの昇格でお悩みの方

所属チームの枠にとらわれず、体系だった共通サッカーメソッドを導入している(早稲田ユナイテッド川崎アカデミー育成方針はこちら)チームで、同じ志(こころざし)、方向性を持っている選手が集まって、サッカーの原理原則、身体のスムーズな重心移動、テクニックを徹底的に身につけることが目的で開始するため、チームに所属していても参加可能です。

将来、長い目で見て、選手の選択肢をできるだけ多くするため、選手登録、チーム登録は行いません。

大人、監督、コーチのためのチームではなく、子供が将来本当に活躍できるようになることを第一目的とする育成を目指します。
そのため、チーム全員ができるだけ多くの経験ができるようにするため、各学年の募集人数は最低限の人数とさせて頂きます。
監督、コーチが試合に勝ちたいために、いつも同じ選手が試合にでて、いつも同じ選手がベンチを温めるようなことはありません。
勝利至上主義のチームではございませんので、予めご理解の程、よろしくお願い申し上げます。



目次
1. 早稲田ユナイテッド川崎U-15、U-12、U-10チーム生募集
2. 合同練習会 --> こちら
3. チーム方針



1. 早稲田ユナイテッド川崎U-15、U-12、U-10チーム生募集

<目標>
早稲田ユナイテッド川崎U-15(ジュニアユース):2021年4月にチームとしての活動開始予定
早稲田ユナイテッド川崎U-12、U-10(ジュニア):2022年4月にチームとしての活動開始予定

<チーム生募集>
上記時期のチーム活動開始に向けて(1年、2年後)、今年度より、各活動開始時期(上記)にU-15, U-12, U-10チームへの参加を希望される方に限り、各チームの中心選手となる方をチーム生として先行募集します。
・チーム登録を行わないため、他のチームに所属していても構いません。
・ジュニアユースチーム選択でお悩みの方は、選択肢の一つとして仮登録しておいても構いません。(後で他のチームに決まった場合も、チーム登録をしないため、合同練習会や試合への参加も可能です。)

・各活動開始時期までは、合同練習会で都度参加の活動となります。
・活動開始後の活動詳細、月謝、ユニフォームなどについては決まり次第、別途ご連絡させていただきます。

<募集カテゴリー>
1. 早稲田ユナイテッド川崎 U-15 (ジュニアユースチーム)
2. 早稲田ユナイテッド川崎 U-12、U-10 (ジュニアチーム)

申込:下記申込方法を参照ください。
選考方法:
1. セレクション(合同練習会への参加)
  ・ U-15ジュニアユースセレクション募集要項(2020年7月実施予定)
2. 面談(選手、保護者、コーチ)
面談でしっかりご説明させて頂いた上でご検討頂ければ幸いです。

<選考基準>
(1) 早稲田ユナイテッド川崎アカデミーのMission(詳しくは早稲田ユナイテッド川崎アカデミー 規約参照)
「目先の結果にこだわらず、20歳になった時に文武両道で才能を開花させること」
に共感していただける方

(2) 早稲田ユナイテッド川崎アカデミー育成方針(詳しくはこちら)に共感していただける方

(3) 早稲田ユナイテッド川崎U-15, U-12、U-10チーム方針(詳しくはこちら
「最大の目的は個人が上達すること」
に共感していただける方

(4) 早稲田ユナイテッド川崎U-15, U-12チームルールに共感していただける方
(詳しくはこちら

(5) セレクション参加者は、サッカーメソッドを理解できるポテンシャルがあるかどうか、重心移動の上手さまたは上達のポテンシャルがあるかどうか、テクニック(基本技術力)を中心に総合的に判断します。


<定員>
各学年ごとに設定。定員になり次第、締め切ります。その後の申込者はキャンセル待ちとなりますので、予めご了承ください。
中学2年生:15名
中学1年生:15名
小学6年生:15名
小学5年生:8名
小学4年生:8名
小学3年生:8名
小学2年生:8名
小学1年生:8名
※学年は2020年4月時点での新学年

申込方法:
①下記のLINEより申込
LINEからなら申込みが簡単↓↓↓
友だち追加
参加希望者はLINE友達追加後に、早稲田ユナイテッド川崎LINEで、

【記入例】
早稲田ユナイテッド川崎 U-15、 U-12、U-10先行チーム生申込
参加者の氏名(カナ):川崎太郎(カワサキタロウ)
学年:小学5年生(2020年度の新学年)
申込日:2020年3月15日

を記入して送信するだけで簡単申込み完了!

②下記Googleフォームより必須事項のみ記入して申込
申込フォーム

<お申込み・お問い合わせの際の注意事項>
Googleお問い合わせ・申込みフォームをご利用される方は、ご入力いただくメールアドレス(特に携帯メールdocomo.ne.jp,、ezweb.ne.jp、i.softbank.jpなど)で@gmail.comのGmailアカウントからのメール受信可能に設定をお願い致します。返信が出来ない場合がございますので、ご注意ください。
数日経っても返信が無い場合は、こちらでメールが受信できていないか、返信メールが迷惑メールボックスに保存されている可能性がございますので、今一度ご確認の程、宜しくお願い致します。




3. チーム方針
Be the difference

<方針>
「最大の目的は個人が上達すること」
サッカーメソッドを導入し、サッカーを体系だって指導することで、サッカー選手として、そしてひとりの人間としての自立を目指します。
将来、どこでサッカーをしても最大限自分のパフォーマンスを発揮できる選手の育成を目指します。
(このチームでは上手いけど、他でやるといまいちを無くすことを目指す)

※チームでの勝利を最優先にしたい方はご遠慮ください。

そして将来は、
「アスリートとして世界を目指し、社会人として一流を目指す!」

◆早稲田ユナイテッド川崎アカデミー育成方針はこちら

1. 選手全員FP( Field Player:フィールドプレイヤー)
ポジションは固定せず全部のポジションを経験することを優先する

2. トップチーム(ユース含む)、ジュニアユース、ジュニアまで全てのカテゴリーが同じ場所で練習し、上は下に見せられるように、見られているのを意識して、下は上のサッカーを見て、全員が上を目指して切磋琢磨する。コーチはトップチーム選手が兼務し、オーナー含め、指導方針は常に共通認識でやる。練習と試合の境目をなくし、いつもの練習から試合と同じ状況で練習できるようにする。

3. サッカー協会にチーム登録しない
フレキシブルにやるため、他のチームに所属しながらこのチームで別の可能性を引き出す

4. 基本上の代との線引きをしない。上手い子は上で

5. 人数に合わせた試合形式実施
・ 人数が少ないうちはミニゲームの試合
・ 8-11人超えたらサッカーの試合

6. 試合は全員参加
できるだけ多くの経験をすることが第一の目的、試合に勝つことは二の次

7. 受け身から能動的なサッカーへ
・ サッカーの試合をするのは選手。監督でも、コーチでもない
・ 監督やコーチから試合中の指示は基本なし
・ なぜなら、チームメンバーひとりひとりがチームを勝たせるために、その瞬間、瞬間で何をするのが最も良いのかを考え、選択して、実行するからである
・ うまくいかなければ、その瞬間に、また次の行動に移る。そんな中で監督やコーチの指示を聞いている時間はない。決断するのも、実行するのも選手
・ 監督やコーチの役割は選手の話を聴くこと。的確な質問をして、整理させてあげて、答えを自分で見つけられるように導くのが大きな役割
・ 監督から、指導者から指導してもらうのではなく、原理原則や個人、チーム戦術を各選手が勉強して、チームメイトと共有しながら自分たちでチームを作っていく
・ 必ず意見が分かれる場面があるが、その時は最初の目的に立ち返る。最終的な決断は監督が行う

<ルール>
1. 選手中心のコミュニケーション
・ コーチが一方的に伝えることではなく、選手が中心になってコミュニケーションをとる
・ 全てのコミュニケーション(行動、言動、活動)は個人一人ひとりが上手くなるためにやっていること
・ 相手の悪口などを言うためではないことを練習・試合前に全員で再認識する

2. 毎回、その日のキャプテンを決める

3. 練習、試合前に必ず全員がその日に上手くなりたいこと、意識したいことを、1人ずつキャプテンに伝える

4. キャプテンが全員の上手くなりたいこと、意識したいことを理解して全員に伝えて理解してもらう
一人ひとりのやりたいことをチームとして考えた時に、繋がりや関連性があることを意識して全体を見てみる
例えば、トラップを上手くなりたい選手とパスを上手くなりたい選手は出し手と受け手になることができる。
ドリブルをしている時の次の状況判断をより良いものを選択したいと考えている選手とオフザボールの動きを良くしたいという選手も息が合えば、最も良い選択しになり、そこにパスを出すことが可能になるかもしれない。
みんながチームメイトを理解することで、サッカーがもっと楽しくなるに違いない!

5. チームメイトを責めない、自分のミスを人のせいにしない
チームメイトがミスしたり、自分が上手くいかないことがあっても、絶対に人のせいにしない。
・ その上手くいかなかった時に自分は何ができたか?
・ 自分がこうしていたら上手くいったのでは?
を考えてチームメイトに伝える

6. 味方の良いところともっと良くなるところをお互いに共有する(指摘ではなく)

7. 選手は他の選手の良いところを少なくとも1つ探すように意識する。コーチは試合の時に選手の良いところ3つ、もっとよくなる所1つを探して、試合後にフィードバックする。そのあと選手からも自分のフィードバックと他の選手の良い所をフィードバックする
関連記事
Posted by